ブログ

BLOG

ブログ

長く使い続けられる北欧インテリアデザイン

2021年04月01日

こんにちは!スタッフ阿部です!

北欧インテリアデザインを知っていますか?
北欧インテリアデザインは、長く厳しい冬を過ごす必要のある北欧の人々が一年の大半を家の中で暮らすという、彼らのライフスタイルから必然的に生まれたものです。
生活に馴染むよう、装飾などをできるだけ抑え、飽きのこないシンプルなデザインと、機能的で長く愛用できるように抜群の耐久性を持ち、設計され、実用性が求められたものが北欧デザインの魅力です。

ものを手にした際、【これが一生使えるかどうかが買うか買わないかの判断基準】と北欧の方は言います。
物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさを求める北欧の方ならではの考えだと思います。住宅だけでなく家具も大切な資産であり、将来に引き継ぐことを前提とされているからこその考えなのだと思います。

これを聞いたときに、現在の日本ではファストファッションの流行や100円均一の充実、ローコスト家具も充実しています。ただ、それらには「これは一生使える!」と考えたことがあるものは一度もなかったかと思います。ファストファッションはワンシーズンでポイ、100円均一は使い捨て当たり前、ローコスト家具はいつか良質なものを買うまでのつなぎ。として買っていることがほとんどだったなと思いました。
いいものをより長く使おうという考えは家づくりの考え方にも似ており、家は一生使うものだからこそ家具も50年、60年先もずっと使い続けられるものを選択する必要があると思います。

流行りのデザインもあれば廃りもある中で、皆さんも一度は目にしたり、聞いたりしたことがあるだろう北欧デザインのフリッツハンセンのアントチェアやルイスポールセンのPH5、マリメッコは1950年代から今も変わらず愛され続けているデザインです。一時的なブームではなくジャンルとして確立しているからこそのものです。

日本の気候の似ている北欧だからこそ、北欧のいいものをより長く使おうという考えは取り入れたい文化の一つだと思います。
また、シンプルで無駄のない北欧デザインは日本の住宅や家具との調和性が高く相性が良いです。北欧家具のファンが日本でも増えたのは既存の家具との組み合わせがしやすく浮かないところに需要があったからなのではないでしょうか。
馴染みやすくハイセンスなコーデを実現させてくれる北欧インテリアを取り入れれば普遍的な日常もきっと楽しく過ごせるはずです。ぜひ、北欧インテリアを手に取って、魅力を感じてみてはいかがでしょうか。